最初のシックボー

4月 14, 2022

複数人のプレイヤーで賑わうテーブルゲームはランドカジノ(海外のカジノ施設)を代表するカジノゲームの一種です。トランプカードを使ったバカラやブラックジャックにポーカーゲーム、ホイールと玉を使ったルーレットなど見ず知らずの相手とゲームの結果を共有し一喜一憂できる一体感は、ある種の興奮でしょう。そしてアジア圏のランドカジノで今最も勢いを付けているのがシックボーと呼ばれるサイコロを使ったカジノゲームです。シックボー(Sic Bo)はランドカジノ・オンラインカジノで大きなブームを引き起こしています。このページでは、シックボーが生まれた理由について辿っていきます。オンライン ダイスゲームに興味のある方は入金不要ボーナスを受け取りプレイを開始していきましょう。

Sicbo

シックボーの起源

シックボーの誕生に関して明確な日付を付けることは非常に難しいでしょう。それもそのはず、シックボーは長い期間にわたり現在の形にまで発達・進化したカジノゲームなのです。そんなシックボーの起源は紀元前1600年〜221年頃の古代中国と言われています。当時はサイコロなどの小道具はまだ発明されておらず、タカラガイなどの貝殻、岩や石、小動物の骨など、様々なものが使われていました。そしてこれらの道具に刻印を施し、現在のシックボーで使われるカジノ サイコロのように扱い、彼らはシックボーをプレイしたのです。

1

ミスティーノ

• 初めての方なら3日間無料プレイも可能 • 完全スマホ対応 [...]
2

ラッキーカジノ

最高$1,500の入金ボーナスが獲得可能 初回入金額の100 [...]
3

ギャンボラ

業界トップクラスのウェルカムボーナス最大$1,500! 勝っ [...]
4

メルベット

合計290回フリースピン その他スポーツベティング専用ボーナ [...]

シックボーがダイシウ、タイサイと呼ばれた理由

古代中国で一種の遊びとして伝えられてきたシックボーは、元来高い集中力を持つ武道家や武術を極めた達人の間でリラックスのための遊戯として親しまれていましたが、長い歴史の中で一般の人々に注目されるゲームへと発達しました。その中で、シックボーはダイシウ、タイサイなど様々な呼ばれ方をしていましたが、これはダイスボール(サイコロ)を意味するダイシウ、ダイスペア(2個のサイコロ)を意味するタイサイから来たといわれています。

シックボー

シックボーはアメリカへ渡る

古代中国発祥のシックボーがアメリカに渡ったのは2003年頃のことです。当時、米国のランドカジノにシックボーが導入されたことで、アメリカ民から高い注目が集まっていました。シックボーの目新しさがアメリカ民を惹きつけたようですね。これはシックボーが人気となった発端に過ぎませんが、当時はライスボウルゲーム、大小、ラッキーサイコロなど様々な愛称で親しまれていたようです。大小は現代でも使われていますね。

現在のシックボーとその人気

現在、シックボーはアジア圏を中心に高い人気を集めるカジノゲームです。シックボーの人気は日々成長しており、ランドカジノ(本場のカジノ)やオンラインカジノのテーブルゲーム、ライブゲームを問わず世界中の人々がシックボーをプレイしています。中国の伝統的なスタイルを中心にアレンジされたシックボーゲームも複数登場していますね。3個のサイコロを自動的にシェイクする機能に、結果を点灯・点滅させるテーブルなどプレイのしやすさを考慮した様々な工夫が施されており、今では誰もが楽しめる遊びやすいカジノゲームとなりました。シックボーは現在もなお成長を続けているのでバカラ、ルーレット、ブラックジャックの三大ゲームに加わる日も遠くはないかもしれません。