バカラの初めてのゲーム

バカラは好評のカジノで人気を博している非常に人気のあるカードゲームです。バカラ – ポン・バンコ、バカラ・チェミン・デ・フェ、バカラ・バンケはそれぞれ異なる3つのバージョンですが、コンセプトは非常に似ています。小さな家の端には、排他的なVIPカジノエリアにある1%のゲームがあり、世界で最も人気のあるプレイヤーであることが証明されています。しかし、最初のバカラの試合はいつですか?残念ながら、最初のバカラの正確な位置と日付は、ゲームの本当の起源が常に推測されているため、追跡することはできません。フランスやイタリアのゲームかどうかは疑いがない。多くの人がオリジナルのゲームは15世紀にフランスで生まれ、そのほとんどはロイヤルロイヤルのロイヤルリストによって演じられましたが、他の人は「バカラ」という言葉はイタリア語で「ゼロ」を意味し、したがってイタリア語でなければならないことに気付きました。莫大な金額はわかりませんが、このゲームは比較的知られていない15世紀になっています。 17世紀フランスのルイ14世はあらゆる種類のギャンブルを拒否したため、バカラはもはや合法ではありませんでした。しかし、すべての禁止企業のように、ゲームは単に地下に閉じ込められ、合法的だったときよりも人気が高まった。これはバカラのフランス版の導入につながります。バカラはバカラ・チェミン・デ・フェルです。バカラは1950年代にランプに乗ってラスベガスの会場に紹介されました。それは非常に普及したが、それは大きいステークの大部分のために知られていて、それは平凡なプレーヤーであることをあまりにも脅かすのであなたの毎日のカジノの試合にならなかった。彼らはまたゲームを難しすぎると判断したため、ゲームを単純化することを決定しました。そのため、「Punto Banco」のバカラゲームには3人ではなく1人の再販業者しかいませんでした。この変更はバカラの転換点であり、このゲームは世界中のアメリカのカジノやカジノで非常に人気がありました。今日、プレーヤーはバカラオンラインとその携帯電話をプレイすることさえできます。オンラインでの追加バカラはバカラの人気をさらに高めました。プレイヤーは自宅で快適に遊ぶことができ、ベットをすることができます。つまり、お金を節約して賭けることができます。オプションは、カントリー専用のカジノでは利用できないことがよくあります。